虫歯の治療 - いすみ市大原の白井歯科医院

いすみ市大原の歯科医院・歯医者さん / 白井歯科医院

いすみ市大原 白井歯科医院

虫歯の治療

虫歯の治療

虫歯の原因

虫歯はプラーク(歯垢)という口の中の汚れに含まれる虫歯菌(主としてミュータンス菌)に感染することが原因で起こり、その原因菌はお口の中で砂糖を分解して粘着性のある物質をつくり、歯の表面にくっつきます。そこで増殖して数を増やし、さらに食物などを取り込んで塊(かたまり)となるのです。この塊となったプラークが長い間取り除かれないまま歯の表面に残っていると、虫歯菌が出す酸によって歯が溶け出し虫歯を進行していきます。

当院では、できるだけ痛みがなく、できるだけ削らない、できるだけ歯の神経を残す治療を心がけています。当院では、できるだけ痛みがなく、できるだけ削らない、できるだけ歯の神経を残す治療を心がけています。


虫歯には進行により各段階があり、またそれぞれ治療方法も変わってきます。放置すればそれだけ虫歯は進行してしまうので早期発見が非常に大切です。

初期の虫歯(Co)
初期の虫歯(Co)
虫歯になる一歩手前の状態です。
歯の表面に白濁が見られるようになります。痛みなどの自覚症状はありません。
ブラッシング指導やフッ素塗布を行い改善をはかり、経過をみていきます。


エナメル質の虫歯(C1)
エナメル質の虫歯(C1)
歯の表面のエナメル質だけが溶けはじめた段階です。黒ずみが見られるようになります。まだ痛みなどの自覚症状はありません。
治療法は虫歯の部分を削り、つめものをします。


象牙質に達する虫歯(C2)
象牙質に達する虫歯(C2)
虫歯がエナメル質を貫通し象牙質まで達した段階です。
歯に穴があき、冷たいもの、甘いものがしみるようになり痛みをともなう場合もあります。
虫歯の範囲が小さい場合はつめもので、範囲が大きい場合は型どりをして被せものをします。


歯髄に達する虫歯(C3)
歯髄に達する虫歯(C3)
虫歯が歯の神経(歯髄)まで達してしまった段階です。
熱いものがしみたり、何もしなくても強い痛みが出る場合があります。
歯を削り、神経をとって根管治療を行い、その後歯に土台を立ててから型どりを行い被せものをします。


歯根に達する虫歯(C4)
歯根に達する虫歯(C4)
虫歯が進行して歯根にまで達した段階です。歯の神経が壊死するため痛みはなくなりますが、根の先に膿がたまると強い痛みがでます。この段階まで進行してしまった場合は抜歯が必要となります。

line01.gif

外房線大原駅より徒歩5分